Xbox LIVE Indie Games

コード サンプルの詳細

コード サンプル
説明:

このサンプルでは、XNA Framework Content Pipeline を使って、スキニングされたキャラクター モデルを処理およびレンダリングする方法について説明します。

サンプルの概要

何も設定を行わない場合、XNA Framework はアニメーションを部分的にしかサポートしません。Content Pipeline 内に、アニメーション データを格納するための中間オブジェクト モデルを定義し、このオブジェクト モデルに FBX および X フォーマットからのデータをインポートできます。組み込みの ModelProcessor も BoneWeightCollection データの頂点チャンネルを、GPU でのスキニングによるレンダリングに適した VertexElementUsage BlendIndices および BlendWeight を持つチャンネルのペアに変換します。ただし、フレームワークはランタイム アニメーション クラスを含みません。この機能は、このサンプルで実装されています。


このページからダウンロードしたソース コードを含むすべてのコンテンツは、Microsoft Permissive License (Ms-PL) の規約に準じます。

ダウンロード

フレームワーク

GS 4.0

ラーニング コンテンツを検索
var gDomain='m.webtrends.com'; var gDcsId='dcschd84w10000w4lw9hcqmsz_8n3x'; var gTrackEvents=1; var gFpc='WT_FPC'; /*<\/scr"+"ipt>");} /*]]>*/
DCSIMG